初心者の方が、ネイティブの会話を聞いてもチンプンカンプンでしょう。

なぜ、ネイティブの会話を聞き取ることができないのでしょうか?

ネイティブの会話についていけない理由にいつてお話します。

 

<目次>
・音節の違いがネイティブ英語を早くする
・音節を短くする方法とは!

 

音節の違いがネイティブ英語を早くする

音節って何でしょう。

音節とは、音の長さをいいます

たとえば「Comfortable」という単語があります。

日本人が読みむと「コンフォタブル」と読みます。

これはローマ字英語が染みついているから、ついローマ字で読んでしまうのです。

この時の音節は、6つになります。

では、ネイティブは「Comfortable」をいくつの音節で発音するのでしょうか?

ネイティブは「Comfortable」を3つの音節で発音するのです。

ですから、日本人が6つで発音するところを、半分3つで発音するから、ネイティブの会話は早く聞こえるのです。

では、どうすれば、音節をネイティブのように早くなるのでしょうか

 

音節を短くする方法とは!

音節を短くするには、ネイティブの発音を聞いてシャドーイングするのが一番です。

できるだけネイティブ近づけるよう、何回も何回も練習しましょう。

また、音節を短くするコツとして、母音を発音しないことを意識することで、ネイティブに近い発音になります。

基本的には、ネイティブは子音で発音するので、ローマ字読みの母音の部分を飛ばして発音すると、ネイティブらしい発音に聞こえてきます。






このページの先頭へ