日常会話ぐらいなら、中学英語で十分カバーできます。

簡単な日常会話だったら、中学1年の復讐で十分会話ができます。

では、どういった勉強をすれば、中学英語程度で日常会話が話せるのかについてお話します。

<目次>
・日常の出来事を日記に書く!
・なぜ、日記の内容を声に出した読むといいのか?
・ネイティブと会話をする

日常の出来事を日記に書く!

日常の出来事とは、日常会話の延長です。

ですから、日常会話を話したいなら、日々の出来事を英語に直せば、自分が話したい英語が話せるようになります。

そこで、大切なのは、最初から、難しい単語を使わないことです。

最初は、中学1年程度の単語を使って、日常の出来事を日記にしていきましょう。

多分、中学1年程度の単語や文法で、十分日常の出来事を英語で書けると思います。

慣れてきたら、少しずつレベルを上げていけばいいでしょう。

そこできずくのが、中学英語レベルで、十分日常会話は話せることがわかるでしょう。

次の、するのが日記の内容を声に出した読むことです。

なぜ、日記の内容を声に出した読むといいのか?

英語は、書くだけでは話すことができません。

声に出して話すことで、英語が話せるようになるのです。

よく日本人の方は、書くことはできるが、話すことができないと言われています。

それは、試験勉強で、書くことがメインになっていて、話す事よりも書くことに時間を割いているからです。

ですから、書いた日記は、」必ず声に出して読むようにしましょう。

最終的には、書いた日記を読むのでは無く、書かなくても英語で、今日の出来事を話せるようになれることが目的なのです。

では、1日どれぐらいの時間練習すればいいのでしょうか?

だいたい、5分から10分程度でいいですから練習しましょう。

5分から10分もあれば、5センテンスから10センテンスぐらいは話せます。

これぐらいの量を毎日続けるだけで、英語は飛躍的に上達していきます。

ネイティブと会話をする

最終的期には、相手との会話となりますから、英会話スクールでもいいですし、オンライン英会話でもいいです。

コミュニケーションしながら会話できるように、アウトプットしていきましょう。

自分一人で英語を声に出していても、日常会話は、コミュニケーションが最終目的です。

自分で練習してきたことを、英語で会話できるようにアウトプットしていきましょう。

 

関連サイト→【英語リスニング上達法】この5つの方法でリスニング力アップ!






このページの先頭へ