なかなか英語が聞き取れないって悩んでいる方は多いでしょう。

あなたはどうですが、英語が聞き取れますか?

もし、あなたが英語が聞き取れなくて悩んでいるなら、たぶん、聞きお取れない原因があるはずです。

では、英語が聞き取れない原因って何でしょう。

それでは、英語が聞き取れない原因についてお話します。

<目次>

・カタカナ英語とネイティブ英語
・英語が聞き取れるようになる練習法方法
・レアジョブ英会話で英語力を身につける

英語が聞き取れない原因はこれだった!

英語が聞き取れない原因の最大の要因は、ネイティブ英語とカタカナ英語がごちゃまぜになっているからです。
たとえば、(I am=アイム)と読みます。

ちょっと英語を勉強した人なら、(アイアム)とは読まないでしょう。

しかし、(Don’t tell her)この英語は何と読むでしょう。

カタカナ英語だと(ドント テル ハー)と読みます。

しかし、ネイティブの発音は違います。

ネイティブは(ドンタウエル)と発音するのです。

(ドント テル ハー)と(ドンタルエル)では、全然違います。

ですから、英語が聞き取れない原因は、ネイティブ英語とカタカナ英語がごちゃまぜになっていいて、カタカナ英語でしか理解できない英単語は聞き取れないということになるのです。

ですから、全体の意味が理解できなく、いつまでたっても英語が聞き取れないと悩むのです。

では、どうすれば英語が聞き取れるようになるのでしょうか。

次の項で、英語が聞き取れるようになる練習法方法についてお話します。

英語が聞き取れるようになる練習法方法

英語を聞き取れるようになるには、発音を練習するのが一番です。

ネイティブの音を発音できなければ、ネイティブの音が聞き取れないからです。

要するに、発音の矯正=リスニング力アップとなるのです。

では、発音の矯正はどうすればいいのか?

これは、シャドーイングがもっとも有効です。

シャドウイングのCDを聞いて、その通り音をだす。

これを繰り返すことで、ネイティブに近い音が出せるようになるのです。

もう一歩前に進めいければ、自分の音を録音することです。

自分の音とネイティブの音を聞き比べて、おかしな音であれば矯正していく。

これを繰り返すだけで、英語が聞き取れるようになるのです。

さらにもう一歩進むには、アウトプットが重要です。

シャドウイング練習した発音で、ネイティブと会話することで、よりネイティブに近い音がだでるようになるのです。

次の項では、アウトプットにつてお話します。

レアジョブ英会話で英語力を身につける

アウトプットといっても、いろいろありますが、その中でもオススメなのが、オンライン英会話です。

オンライン英会話は、いつでもどこでもネット環境があれば英会話スクールができることです。

また、毎日レッスンが受けられ、しかも、自分がやりたいカリキュラムが盛り沢山です。

オンライン英会話でオススメなのが「レアジョブ英会話」です。

「レアジョブ英会話」は、国内シェア№1のオンライン英会話で、利用者数も60万人を突破しています。

また、早朝6時から深夜1時まで、いつでもレッスンを受けることができます。

初心者にもやさしく、わかりやすいと評判です。

しかも、月額料金が、マンツーマンで、毎日スクール参加できて、6千円代です。

もっと詳しくレアジョブ英会話について知りたいなら→レアジョブ英会話!入会に迷っているなら? >>

無料体験レッスンが2回終了です。

2回終了した時点で、特に何もアクションを起こさなければ、それで終わりで、入会も何も発生しません。

 

関連サイト→中学英語の復讐だけで、英語が話せるようになるって本当?






このページの先頭へ